ツゲインの効果は抜群!

ツゲインの発毛効果について解説

ツゲインの発毛効果について解説

何もしていなくとも自然と髪が抜け落ちてしまう薄毛の症状、AGA(男性型脱毛症)を治療する際に使用する医薬品として、ツゲインという育毛剤があります。ツゲインは有効成分として「ミノキシジル」という成分が使用されています。この成分は血行促進効果と育毛効果がある成分で、AGAを発症している患部に対して塗布することにより、血行促進効果によって頭皮環境を整え、その上でミノキシジルのもつ育毛効果によって、薄くなってしまった髪が元の状態に戻るようになります。

ツゲインの効果

ツゲインの効果として、発毛・育毛効果と血行促進効果があります。ツゲインには有効成分としてミノキシジルという成分が配合されています。このミノキシジルという成分は、AGAという脱毛症の改善に非常に優れた効果を発揮する成分です。AGAは男性ホルモンの中でもDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが原因となり発症する症状で、髪の成長サイクルが短くなる事によって発症します。ミノキシジルはこのAGAの発症によって短くなってしまった髪の成長サイクルを元の状態に戻すことによって、長く生えなくなった髪を再び長く成長できるようにします。そしてミノキシジルには血行の促進効果があるため、頭皮に対してミノキシジルを使用すると毛根に繋がる毛細血管の血流が良くなります。そうすると、毛根に対して毛細血管が多量の栄養を送り、毛根全体に栄養が行き渡った状態となり、健康なつやのある、強い髪が生えるようになります。ツゲインにはこういった髪の成長に関係する非常に大きな効果があります。

ツゲインの特徴

ツゲインの特徴として以下のような特徴があります。

  • 副作用の存在
  • 使用できる年齢に対しての制限がある
  • 低価格で購入できる

これらの特徴のうち、2つ目と3つ目の特徴について簡単に説明をします。まずツゲインは使用できる年齢に対しての制限があるというものです。ツゲインに使用されているミノキシジルという成分ですが、この成分というのはDHTという男性ホルモンに対して作用する成分です。したがって、体内のホルモンバランスが乱れやすい年齢の男性が使用した場合、身体に対してホルモン異常などの健康被害が発生する恐れがあるのです。したがって、ツゲインは最低でも18以上、可能なのであれば20歳以上からの使用が推奨されています。

次は価格に関しての特徴です。ツゲインというのは日本では「リアップ」という名称で販売されている育毛剤です。したがって、内容成分等はツゲインとリアップで代わりはありません。しかし価格という面でみるとツゲインとリアップには大きな違いがあり、ツゲインであればリアップの半額近い額、場合によってはそれよりも安く購入できる場合があるのです。

ツゲインを使用したみた感想

実際にツゲインを使用した人による体験談を紹介します。

30代男性の体験談

AGAの症状が現れ始めたのは29歳頃、30代に差し掛かるかどうかという時です。それまで特に自分の髪が薄いとは思っていなかったのですが、ある日シャワーを浴びたあとに鏡をみると、明らかに地肌が透けて見え、髪がスカスカになっているのがわかりました。これは流石にちょっとまずい、そう思い育毛剤について調べていた時に見つけたのがツゲインです。

ツゲインを購入し、使用を開始してから最初のうちは特に何か症状が現れたりはしませんでした。しかし使用から3週間位経った時でしょうか、それくらいから一気に髪が抜け始めました。初期脱毛というものが起こるのは知っていましたが、ここまで抜けるのかと思ってびっくりしたのを覚えています。そしてそれからもツゲインを使用し続け、使用開始から2ヶ月ほど経った頃から徐々に頭皮に生えているうぶ毛や髪の量が増えているのが実感できるようになりました。そしてその後も継続した使用を行っていた所、半年近くで今までの髪型と同じか少し短い程度の髪型に戻すことができました。ツゲインがなければ多分あのまま髪がなくなっていたと思うので、ツゲインには感謝ですね。

ツゲインを販売するシプラ社について

AGA治療用育毛剤のツゲインは、インドのマハーラーシュトラ州ムンバイに本社をおく、シプラ社という製薬会社が製造を行っています。

シプラ社は日本国内でこそ知名度がそこまで高い製薬会社ではありませんが、世界的にみると非常に有名な製薬会社で、インドに存在する製薬会社の中で第2位の規模を誇っています。そしてシプラは育毛剤をネットで購入する人にとっては非常に馴染み深い製薬会社で、ツゲイン以外にもフィンペシアやエフペシア、フィナロといった多くの育毛剤を製造しています。

シプラ社の医薬品製造施設は、アメリカのFDAを初め、WHOなど国際規模の機関から承認を受けているため、製造施設に対しての信頼性も高くなっています。そして、ツゲインなどの医薬品はそういった正式な承認を受けている場所で製造されているため、製品の品質に関する不安を感じる事なく、安心して購入し、使用する事ができる製品といえるでしょう。

まとめ

男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が原因となり発症するAGA(男性型脱毛症)という症状、この症状を改善するために使用される医薬品としてツゲインという育毛剤があります。

ツゲインは有効成分としてミノキジルという成分を使用しています。ミノキシジルは塗布した患部の血行を良くする作用、そしてAGAの原因であるDHTに対して作用し、AGAを改善する効果がある成分です。したがって、ツゲインを使用することによってAGAの症状が進行してしまうのを予防しつつ、髪が正常に生えるようにします。

ツゲインはインドのマハーラーシュトラ州ムンバイに本社を置くシプラ社という製薬会社が製造しています。シプラ社は世界的に見ても知名度の高い製薬会社で、販売する医薬品の製造施設はアメリカFDAやWHOから承認を受けられるような、高水準の設備を持っています。そしてそういった高水準な設備によってツゲインは製造されているため、製品の品質に対しての不安などを感じることなく、安心して使用することが可能です。