ツゲインの副作用やその対処法について詳しく教えます!

ツゲインの副作用やその対処法を解説

ツゲインの副作用やその対処法を解説

ツゲインなどの医薬品には副作用が存在しています。副作用は薬の製造時に意図的に発生させようとする主作用とは別に、意図せずに発生してしまう副次的な作用のこと指します。副作用には軽度の症状から重度の症状まで、多くのものが存在しています。どういった症状であっても、発症後に適切な対応を取ることによって、症状が悪化する前に治療が可能となります。ツゲインを使用する際には副作用にどういった症状があるのか、そしてどう対処をすればよいのかを確認するようにしましょう。

ツゲインの副作用

初めにツゲインの使用により発生する副作用について紹介します。ツゲインを使用した際に現れる副作用には、比較的頻繁に発生する軽度の症状から、発生頻度が低く、放置すると少々危険な症状などがあります。各副作用にどういった症状があるのか、そしてどう対処をすべきなのかを知りましょう。

主な副作用

初めにツゲインの副作用の中でも発生頻度が高く、比較的よく見られる副作用、いわゆる「よくある症状」と呼ばれるものについて紹介します。ツゲインを使用する事によって発生する副作用の中でも、発生頻度の高いものに以下の症状があります。

  • 頭皮のかゆみ、発疹、ふけ
  • 立ちくらみ
  • めまい
  • 動悸
  • むくみ
  • 多毛症

これらの症状というのは、ツゲインの有効成分であるミノキシジルによって起こる副作用です。ミノキシジルは血管を拡張させる働きがある成分です。したがって、ミノキシジルを頭皮に対して使用すると、頭皮の毛細血管が拡張した状態になります。血管の拡張作用はミノキシジルの作用として正常なものなのですが、この拡張によって血液が流れやすい状態になります。そうすると血液が一気に頭皮に対して流れる事により、立ちくらみやめまい、そして温度の上昇によるかゆみや発疹、むくみ、動悸といった症状が現れるようになるのです。 そして多毛症ですが、これはミノキシジルが身体に吸収された後、頭皮以外の場所に対しても影響をおよぼすことによって起こる症状で、腕や足の毛が増加する症状です。

これらの副作用というのは、時間の経過によって徐々に静まっていく症状です。したがって、副作用として上記の症状が現れた際にはひとまず様子を見ながら使用を続け、異常が現れた際には皮膚科やAGAクリニックなどを受診し、診察と処置を受けるようにしましょう。

重い副作用

ツゲインの使用によって発生する重い副作用として、以下のような症状があります。

  • 頭痛
  • 血圧低下

これらの症状もツゲインに含まれるミノキシジルが原因で発生する症状です。ミノキシジルは血管を拡張させる働きがある成分ですが、この成分が身体に対して作用した際に、ズキズキとした頭痛の症状が現れる場合があります。頭痛の症状が発生する仕組みは偏頭痛と同じメカニズムで、脳の血管が拡張する事によって三叉神経や脳の神経が刺激され、痛みが発生するというものです。こういった症状が発生する確率は決して高くありませんが、もしツゲインの使用によって頭痛が発生した際には、医師による診察などを受け、処置をしてもらうのも良いでしょう。

次に血圧の低下ですが、これはミノキシジルを使用し血管が拡張する事によって、血圧が低下することにより発生する症状です。ツゲインのような外用薬の使用によって血圧の低下が起こる事は非常に稀ですが、低血圧の人が使用した場合、若干の血管拡張で低血圧の症状が現れる場合があります。したがって、血圧が平常時からあまり高くなく、低血圧と言われるような人がツゲインを使用する際には注意をしながら慎重に使用するようにしましょう。

その他重度の副作用としては、ツゲインに配合されるミノキシジルやその他成分に対しての過敏症があります。過敏症を発症すると、肌荒れを起こしたような症状が現れるため、使用した患部に異常が現れた際には医師による診察を受けるようにしましょう。

初期脱毛について

ツゲインを使用した際に発生する副作用の中でも少々特殊な症状に、初期脱毛という症状があります。初期脱毛の症状というのは、ツゲインを使用し始めてから2週目から1ヶ月の間に発生します。初期脱毛はAGAの発症により髪の成長サイクルが乱れること、そしてミノキシジルの作用によってそのサイクルが元に戻るという2つの事象が発生することによって起こります。

髪というのは本来一定の周期で成長と脱毛を繰り返していますが、AGAを発症するとこの成長と脱毛のサイクルが短くなっていきます。その結果、髪が抜けて薄くなる、細く短くしか生えなくなるといったAGAの症状が出る様になります。ミノキシジルを服用すると、この髪のサイクルがリセットされ、正常な成長サイクルの髪が生えてくるようになりますが、その際に今生えている成長サイクルが正常ではない髪が全て抜け落ちます。この成長サイクルが乱れた髪が抜ける現象こそが、初期脱毛と呼ばれる症状なのです。

初期脱毛が発生するとAGAが一気に進行したかのように思えるほど大量の髪が抜け落ち、頭髪が薄くなります。しかし抜け落ちた後、しばらくすると新しい髪が生え初めてくるため、脱毛が起こったからといって不安を感じないようにしましょう。

ツゲインの副作用の対処法

ツゲインを使用した際に発生する副作用、これに対しての対処法を紹介します。

まず初期脱毛ですが、これに関しては抜け落ちるのを待つ以外の対処法がありません。したがって、初期脱毛が落ち着く頃まで帽子をかぶる、もしくは薄毛が目立たない髪型に変えるなどの対策を取りましょう。次に多毛症です。多毛症は外用薬を使用した際には発生しにくい副作用ではあります。しかし一度発生してしまうと毛が急激に濃くなり始めてしまうため、気になる場合は濃くなった毛を毛抜きやカミソリで処理する、もしくは脱毛サロンで脱毛を行ってもらうようにしましょう。3つ目はむくみの症状です。むくみは血液内の水分が周囲の細胞に染み出すことによって起こる現象で、解消するためには水分を排出する必要があります。尿効果のある飲み物を摂取する、マッサージをする、入浴によって老廃物や水分を取り除くといった方法で対策をしましょう。次に低血圧、動悸、頭皮の痒みなどの皮膚症状、立ちくらみ、めまいといった症状ですが、これらの症状は使用しているミノキシジルの濃度が原因で発生する症状です。したがって、改善の際にはまず使用しているツゲインの濃度を下げることからはじめましょう。そしてもし濃度を下げて使用しても低血圧や頭痛といった症状が治まらないのであれば、ツゲインの使用を中断し、ミノキシジルが配合されていない別の育毛剤に切り替えるのが良い選択だといえます。

まとめ

ミノキシジルを配合しているツゲインを使用する際には、ミノキシジルの影響によって発生し得る副作用について知る必要があります。副作用には多くの症状があり、ツゲインを使用した際には頻発するような症状もあれば、極稀に起こる症状などもあります。症状によっては時間の経過によって治まる、発症後放置していても特に問題がないという症状もあれば、放置していると少々危険な症状などもあります。ツゲインを使用する際には副作用にどういったものがあるのか、そしてどう対処すべきなのかを知り、その上で使用するようにしましょう。そして副作用の中には、AGAの症状が一気に進行したようにも思える急激な脱毛症状があります。この症状が現れるというのは、患部に対してミノキシジルが正常に作用しているという表れでもあります。したがって、脱毛が起こった際には途中で使用を辞めるのではなく、継続したツゲインの使用を行うようにしましょう。